Female consulter unanswered

40代前半女性からのご相談

子宮細胞診軽度異形成から陰性への診断となりました

8ヶ月前会社の人間ドックの子宮細胞診で再検査となり、半年前に婦人科で検査したところ検査結果はHPV52型の軽度異形成の診断を受け経過観察と言われました。

その後タイミングが合い、半年後人間ドックで再度検査をしましたが陰性でした。
軽度異形成は消えた?ようなのですが、今後も定期的に婦人科検診へはいく必要がありますでしょうか。
HPVの検査は再度必要でしょうか。
ある場合、どの程度の頻度で検査を受ける必要があるのでしょうか。

  • 対象者
    40代前半(女性)
  • 月経周期
    順(妊娠の可能性がない)
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    子宮細胞診軽度異形成
  • 治療期間
    半年未満
Icon keyword婦人科Icon keyword子宮・卵巣・膣Icon keyword子宮頸がん

会員登録(無料)でできること


Read

多様な相談の回答を閲覧可能

気になった病気は登録し、後からまとめて確認できます。

App banner
類似の医療相談
解決済み

参考になった:1人

Female consulter resolved

相談者:50代前半女性からのご相談
2017.07.27

対象者:50代前半女性

不正出血が半年おきに来ます

不正出血が半年おきに来ます

Male medical team

52歳で閉経したと思ったとのことですが、こちらは子宮がんの検査を受けられた婦人科の先...


解決済み

参考になった:0人

Female consulter resolved

相談者:40代前半女性からのご相談
2017.06.22

対象者:40代前半女性

子宮筋腫の治療方法について教えてください。

子宮筋腫の治療方法について教えてください。

Male medical team

子宮筋腫の治療には、ホルモン療法と手術(子宮筋腫核出術や子宮摘出術)、子宮動脈塞栓術...


解決済み

参考になった:0人

Female consulter resolved

相談者:40代前半女性からのご相談
2017.07.30

対象者:40代前半女性

粘膜下筋腫の治療法に関して

粘膜下筋腫の治療法に関して

Male medical team

一般的な治療には、ホルモン療法と子宮筋腫核出術(粘膜下筋腫の場合は、子宮鏡手術)、子...