Female consulter unanswered

30代前半女性からのご相談

老年性うつの治療の進め方及び転院の検討

遠方で父と同居している母がうつ病とみられる症状で精神病院に入院している。母の現状は161cmに対し体重30kgまで痩せている。摂食障害で、食べると腹が詰まって死んでしまうと言い張り食事を拒否。自分で歩けない為自分ではトイレに行けずオムツが嫌な為飲み物も拒否。強い被害妄想があり、医者を信用せず、治療や薬も拒否。今は鼻ろうで栄養を直接送り込まれている。

経緯は、昨年3月頃腹痛を訴えピロリ菌を退治、便秘がひどく食事が取れないと言い内科に通ううちに被害妄想や不信感が強くなったようす。
7月に私が帰省しても私であるとすぐに信用せず疑い続けた。その時にそうめんをコップ一杯程度しか食べていなかった。様子がおかしいので精神科の受診を強く勧めたが、2件程度医者に行くものの薬のみ出され不信感を更に募らせ薬も服用せず悪化。
去年10月に歩けなくなり総合病院に緊急入院、11月に精神病院に転院後入院が続いている。12月頃一度食事を取れるようになったが3月頭にまた食べられなくなる。
元から愚痴を言えるような友人を作るタイプではなく、父もあまり人の話は聞かないので溜め込んでいたのかもしれない。昔のことをずっと根に持つタイプ。

家族としては食事が取れるようになって自分で動けるように回復してほしいが兆しがない。点滴から薬は投与されているようだが芳しくない。
話を聞いて心の負担が取れればと思うが、食べれない、死んでしまう、医者に殺される、家族に負担をかけているなどマイナスな思考に埋め尽くされていて前向きな思考にならない。そこから食事する、という意識に持っていけない。決め付けてしまい別の考え方ができない。
食事できるように意識を向けるにはどうしたらよいか。

またその病院でも薬物療法の効果がなく医師が悩んでいる様子。カウンセリングを依頼しても対象外とのこと。薬物以外の療法はその病院は実施しない。
転院を検討すべきか教えてほしい。

  • 対象者
    60代後半(女性)
  • 月経周期
    閉経
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    老年性精神病
  • 治療期間
    半年未満
Icon keyword精神科(心療内科)Icon keywordこころ・精神Icon keyword幻覚・妄想Icon keyword認知症Icon keywordうつ病

会員登録(無料)でできること


Read

多様な相談の回答を閲覧可能

気になった病気は登録し、後からまとめて確認できます。

App banner
類似の医療相談
回答あり

参考になった:1人

Female consulter unanswered

相談者:40代前半女性からのご相談
2018.05.28

対象者:40代前半女性

うつ状態の改善について

うつ状態の改善について

Male medical team

うつ病では、特に落ち込む原因ではないのに(例えば「結婚をきっかけに」「引っ越しをき...


回答あり

参考になった:1人

Male consulter unanswered

相談者:30代後半男性からのご相談
2017.10.27

対象者:30代後半女性

妻の精神状態及びわたしが取るべき行動について教えてください

妻の精神状態及びわたしが取るべき行動について教えてください

Male medical team

ご相談を拝見しましたところ、最近大きな環境の変化がおありになったようです。


解決済み

参考になった:1人

Male consulter resolved

相談者:20代後半男性からのご相談
2017.09.30

対象者:30代後半男性

うつ病の夫の飲酒の悪影響

うつ病の夫の飲酒の悪影響

Male medical team

ご主人さまへのかかわり方については、ご主人さまの病状や性格にもよりますのでお答えは難...