Female consulter resolved

30代後半女性からのご相談

妊娠中の卵巣嚢腫摘出について

現在32週の初産婦です。
妊娠初期から左側に9センチの卵巣嚢腫がありましたが、後期になっても大きさは変わりませんでした。
2日前に腹痛があり緊急入院しました。
虫垂炎の疑いはなし、早期胎盤剥離もしくは卵巣嚢腫破裂の可能性があるとのこと。
当初帝王切開も視野にいれてとのことでしたが、32週ということもあり出来れば避けたいと言う話でした。
ただ点滴→飲み薬で痛みがおさまり、状態は落ち着いています。
このまま嚢腫を摘出せず、出産を迎えて大丈夫でしょうか。

  • 対象者
    30代後半(女性)
  • 月経周期
    妊娠中
  • 妊娠月数
    9ヶ月
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    卵巣嚢腫
  • 治療期間
    検査中
Icon keyword婦人科Icon keyword子宮・卵巣・膣Icon keyword生殖器のトラブルIcon keyword卵巣嚢腫

会員登録(無料)でできること


Read

多様な相談の回答を閲覧可能

気になった病気は登録し、後からまとめて確認できます。

類似の医療相談
回答あり

参考になった:1人

Female consulter unanswered

相談者:50代前半女性からのご相談
2018.05.31

対象者:50代前半女性

陰部上のしこり(ゴルフボールぐらいの大きさ)について

陰部上のしこり(ゴルフボールぐらいの大きさ)について

Male medical team

以前に検査を受けられて「良性」「経過観察」といった診断がされたことや既往歴などから...


解決済み

参考になった:0人

Female consulter resolved

相談者:40代前半女性からのご相談
2017.07.30

対象者:40代前半女性

粘膜下筋腫の治療法に関して

粘膜下筋腫の治療法に関して

Male medical team

一般的な治療には、ホルモン療法と子宮筋腫核出術(粘膜下筋腫の場合は、子宮鏡手術)、子...


回答あり

参考になった:0人

Female consulter unanswered

相談者:30代前半女性からのご相談
2017.07.27

対象者:30代前半女性

子宮内膜症、卵巣膿腫の日常的な激しい痛み

子宮内膜症、卵巣膿腫の日常的な激しい痛み

Male medical team

薬の服用でも効果が感じられない場合、一般的に低用量のピルまたは鎮痛剤が合っていない可...