Male consulter resolved

50代後半男性からのご相談

ラジオ波焼灼

肝臓癌一個1.6cmの診断を受けて四回のラジオ波焼灼治療を行いましたが場所と大きさにより完治出来ませんでした。
他の治療法を受けるべきでしょうか。

B型肝炎 初期の肝硬変。
アナログ製剤により現在はウイルス未検出。
昨年3月に食道静脈留より出血し硬化療法治療を受けました。
昨年11月にMRIで癌が見つかり12月に上述のラジオ波焼灼治療を受けました。

  • 対象者
    50代後半(男性)
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    肝臓癌
  • 治療期間
    1ヶ月未満
Icon keyword消化器外科Icon keywordIcon keyword全身の症状(その他)Icon keyword肝細胞がん
メディカルノート医療相談の特徴

  • Consultation feature 01
    専門医を中心に医療従事者がチームで対応
    経験豊富な専門医を中心に、医師や看護師などの医療従事者がチームで対応しています。
  • Consultation feature 02
    医学的根拠に基づいた信頼できる回答
    信頼性の高い医療情報をもとに、お客様一人ひとりのご相談内容に合わせた回答を提供しています。
  • Consultation feature 03
    希少疾患や難病などのご相談も可能
    よくある症状や病気だけでなく、希少疾患や難病なども含め、幅広いご相談に回答しています。
類似の医療相談
解決済み

Female consulter resolved

相談者:30代後半女性からのご相談
2018.10.19

対象者:30代後半女性

高分化型肝細胞癌の基本的な情報

高分化型肝細胞癌の基本的な情報

Male medical team

一般的に肝細胞がんは、C型肝炎ウイルスやB型肝炎ウイルスといった慢性肝炎を背景にして...


解決済み

Male consulter resolved

相談者:50代前半男性からのご相談
2019.09.21

対象者:50代前半男性

バレット食道癌の治療法

バレット食道癌の治療法

Female medical team

バレット食道がんの治療方法につきましては、大きく内視鏡(胃カメラ)での治療と、手術...


解決済み

Female consulter resolved

相談者:30代前半女性からのご相談
2019.05.22

対象者:60代後半男性

膵神経内分泌腫瘍 肝転移

膵神経内分泌腫瘍 肝転移

Female medical team

膵神経内分泌腫瘍の悪性度は、細胞増殖に関連するKi-67指数や核分裂像の比率などを...