Female consulter resolved

20代後半女性からのご相談

クループ症候群から小児喘息に移行する可能性について

今7ヶ月の息子がいます。年末に風邪をこじらせて変な呼吸をするようになり、救急にかけこんだらクループ症候群と診断され、そこから1週間くらい入院していました。クループ症候群の症状が下に降りてきて、喘息のような症状になっている為に長引いていたそうです。あくまでこの喘息症状は一時的なものだから今後も喘息になるとは限らない、という説明を入院時の医師から受けたのですが、実際どれくらい定常化してしまう可能性があるのか、とても不安です。私自身も小児喘息があり、今は咳喘息として残っていますし、夫方の義母(息子にとっては祖母)もひどい喘息持ちなので、ふつうに考えれば遺伝するような気がしています…。今のところ、退院してからは元気ですっかりゼエゼエする事もなくなりましたし、食物アレルギーの類は特に無く、小麦も卵も大丈夫です。この場合、どれくらい喘息になる可能性がありますでしょうか?また、その予防として何か家庭で対応できる事はありますでしょうか?

  • 対象者
    0歳7ヶ月(男性)
  • 診断ステータス
    診断を受けた事は無い
Icon keyword小児科Icon keywordのど(咽頭・喉頭)Icon keywordクループIcon keyword気管支喘息(こども)

会員登録(無料)でできること


Read

多様な相談の回答を閲覧可能

気になった病気は登録し、後からまとめて確認できます。

App banner
類似の医療相談
回答あり

参考になった:0人

Female consulter unanswered

相談者:20代後半女性からのご相談
2019.05.31

対象者:1歳0ヶ月男性

風邪の度にクループ咳になる

風邪の度にクループ咳になる

Male medical team

一般的には、クループの原因はウイルスによる感染で、特に「パラインフルエンザウイルス...


回答あり

参考になった:0人

Female consulter unanswered

相談者:50代後半女性からのご相談
2018.10.21

対象者:50代後半女性

咳がなかなか治らない

咳がなかなか治らない

Male medical team

シムビコートは慢性閉塞性肺疾患の症状の緩解以外にも、気管支喘息などに適応されるとい...


回答あり

参考になった:0人

Female consulter unanswered

相談者:40代後半女性からのご相談
2018.03.15

対象者:40代後半女性

咳が治りません

咳が治りません

Male medical team

風邪は、鼻から喉までの気道のどこかに炎症を起こす病気とされています。 一般的に風邪の...