Female consulter resolved

40代後半女性からのご相談

多結節性甲状腺腫の内視鏡手術について

エコー検査で多結節性甲状腺腫との診断を受けました。片方は34ミリ、もう片方は7.9ミリで石灰化が認められています。その後、1週間前に細胞診を受けました。細胞診の結果により、治療法が決まるとの事ですが、どちらにせよ内視鏡手術で摘出するという方針のようですが、良性であっても摘出の必要があるのでしょうか?

  • 対象者
    40代後半(女性)
  • 月経周期
    順(妊娠の可能性がない)
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    多結節性甲状腺腫
  • 治療期間
    検査中
Icon keyword代謝内分泌科Icon keywordのど(咽頭・喉頭)Icon keyword全身の症状(その他)
メディカルノート医療相談の特徴

  • Consultation feature 01
    専門医を中心に医療従事者がチームで対応
    経験豊富な専門医を中心に、医師や看護師などの医療従事者がチームで対応しています。
  • Consultation feature 02
    医学的根拠に基づいた信頼できる回答
    信頼性の高い医療情報をもとに、お客様一人ひとりのご相談内容に合わせた回答を提供しています。
  • Consultation feature 03
    希少疾患や難病などのご相談も可能
    よくある症状や病気だけでなく、希少疾患や難病なども含め、幅広いご相談に回答しています。
類似の医療相談
解決済み

Male consulter resolved

相談者:30代後半男性からのご相談
2019.11.05

対象者:30代後半男性

腹腔鏡手術について

腹腔鏡手術について

Female medical team

相談者様がおっしゃっているおへそからの腹腔鏡というのは「単孔式腹腔鏡下手術」のことか...


回答あり

Male consulter unanswered

相談者:50代前半男性からのご相談
2019.06.04

対象者:50代前半男性

声がでない

声がでない

Female medical team

誠に申し訳ございませんが、こちらの相談につきまして、回答の作成に時間を要するため少し...


回答あり

Female consulter unanswered

相談者:30代後半女性からのご相談
2018.07.22

対象者:30代後半女性

数値から見た腺腫様甲状腺腫の悪性の可能性

数値から見た腺腫様甲状腺腫の悪性の可能性

Male medical team

甲状腺がんは触診、血液検査、超音波検査、細胞診などの検査を行い、総合的に診断すること...