Female consulter resolved

30代後半女性からのご相談

穿通枝脳梗塞

5月11日夜、父が、入浴後に嘔吐、便失禁
そのあと、自力で二階に上がるも、尻もちの音が聞こえ、呂律回らず、立ち上がり負荷、救急車を呼び、自宅に救急車到着。
その後、自力で二階から降り、呂律も本人曰く、少しまわってないような気もするとのこと。念のため、救急車に乗って、血圧測ってもらいました。
血圧正常。はじめは、救急隊によると、夜間を勧められるが、父が訴え
かかりつけの脳神経外科に行く。
脳神経外科にて、MRで左の太い血管が詰まっていることが判明。しかし、脳は綺麗な状態。
しかし、軽い口の回らなさ以外には、神経的な症状が見当たらず、腹側血行路??が
補佐的な役割を果たしているのではないかという医師による推察と、1月に凍結路で滑り、右側に硬膜下血腫ができてしまい、
そこの部位のことを踏まえ、様子見で入院となりました。
しかし、私達が一安心し、帰宅したところ、脳神経外科から電話があり、あれよあれよという間に脳梗塞が発症。
穿通枝をほぼ持っていかれる状況になってしまいました。
ここまでの話しの中で、脳梗塞は、時間との闘いということは、知っていましたが、
何か対処出来なかったものなのか、残念でなりません、また、脳梗塞を発症したら、はやく、脳血栓治療をすることが大事だとテレビでも知っていました。
これについて、いかがお考えでしょうか?
また、結果的に、脳梗塞を起こしてしまい、1週間まどろみの状況、左の脳が穿通枝脳梗塞になり、右半身麻痺、言葉もでません。もちろん鼻から栄養、管の影響か、吐き気もあります。この吐き気は、管の影響なのか、はたまた、違った方面からの吐き気なのか?どうなのか?
可能性として、ここにもお答え願います。
1週間たち、ようやくお医者様曰く、
意識が 覚醒 してきたそう。
こちらの声かけには、うんうんとはうなづきますが、本当にかわいそうです。
上記のような、状況で、はじめに脳梗塞治療をしておくことは、出来なかったものかと悔いても悔いても悔やみきれません。
脳梗塞治療として、いま、行われている望ましい治療とは、神経的な症状がでないと治療にはならないのですか???
高血圧、境界型糖尿病、前立腺肥大、
ヘルニアなど、ありますが、
血圧については、最近は正常値でしたし。
お医者さん曰く、この左の脳の動脈のつまりはいつ起こったものかは、定かではない。と言っていました。


  • 対象者
    70代前半(男性)
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    穿通枝脳梗塞
  • 治療期間
    1ヶ月未満
Icon keyword脳神経外科Icon keyword頭・脳Icon keyword全身の症状(その他)
メディカルノート医療相談の特徴

  • Consultation feature 01
    専門医を中心に医療従事者がチームで対応
    経験豊富な専門医を中心に、医師や看護師などの医療従事者がチームで対応しています。
  • Consultation feature 02
    医学的根拠に基づいた信頼できる回答
    信頼性の高い医療情報をもとに、お客様一人ひとりのご相談内容に合わせた回答を提供しています。
  • Consultation feature 03
    希少疾患や難病などのご相談も可能
    よくある症状や病気だけでなく、希少疾患や難病なども含め、幅広いご相談に回答しています。
類似の医療相談
回答あり

Female consulter unanswered

相談者:60代前半女性からのご相談
2020.02.28

対象者:60代前半男性

胃瘻か点滴で栄養摂取するかの選択

胃瘻か点滴で栄養摂取するかの選択

Female medical team

現在のご主人様の体調を鑑みますと、呼びかけに反応がなく、食事ができないため、栄養を与...


回答あり

Female consulter unanswered

相談者:30代前半女性からのご相談
2020.02.20

対象者:30代前半女性

新しい枕が合わず、首を痛めてから様子がおかしいです。

新しい枕が合わず、首を痛めてから様子がおかしいです。

Male medical team

ご記載いただきました内容からは、姿勢の問題や目の使いすぎといった以外にも、片頭痛や...


回答あり

Female consulter unanswered

相談者:30代前半女性からのご相談
2017.08.31

対象者:60代前半男性

末期がんで余命1ヶ月未満の症状について

末期がんで余命1ヶ月未満の症状について

Male medical team

まず前提として、余命について正確な予測はとても困難なものとなります。 その上でのお話...