Male consulter unanswered

20代後半男性からのご相談

梅毒の検査結果について

性行為があって42日(6週間後)がたち梅毒の検査をしたところ、検査結果の紙にはRPR定性・TPHA定性が陰性と書かれていました。
これは現段階では梅毒ではないが、まだ分からないということなのでしょうか。
検査方法が分からないので正確な検査結果ではないのでしょうか。

  • 対象者
    20代後半(男性)
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    梅毒の疑い
  • 治療期間
    半年未満
Icon keyword泌尿器科Icon keyword皮膚(全身)Icon keyword発疹・赤みIcon keyword性行為感染症Icon keyword梅毒

会員登録(無料)でできること


Read

多様な相談の回答を閲覧可能

気になった病気は登録し、後からまとめて確認できます。

App banner
類似の医療相談
回答あり

参考になった:0人

Male consulter unanswered

相談者:20代後半男性からのご相談
2018.04.02

対象者:20代後半男性

梅毒の症状について

梅毒の症状について

Male medical team

一般的に梅毒の原因菌は3~6週間経過しないと検査をしても陰性になると考えられており、...


解決済み

参考になった:0人

Male consulter resolved

相談者:20代後半男性からのご相談
2017.09.11

対象者:20代後半女性

梅毒の湿疹でしょうか

梅毒の湿疹でしょうか

Male medical team

お寄せ頂いた情報から、梅毒バラ疹の可能性が考えられます。 梅毒は「トレポネーマ・パリ...


解決済み

参考になった:0人

Female consulter resolved

相談者:30代後半女性からのご相談
2019.04.10

対象者:30代後半女性

首筋にしこり

首筋にしこり

Female medical team

梅毒はトレポネーマパリダムという細菌に感染することで全身に症状が現れる感染症で、主...


性行為感染症に関連する医療記事

類似の医療記事はありません。