Male consulter unanswered

30代前半男性からのご相談

急性骨髄性白血病

急性骨髄性白血病と診断され、寛解治療および地固め治療を計4回行った状態です。
最後の地固め治療から2ヶ月経過していますが、今のところ再発はありません。
再発のリスクを考え、骨髄移植・末梢血幹細胞移植を検討しております。
骨髄移植のドナーが見つからない場合、末梢血幹細胞移植のドナーとなることを検討しておりますが、
末梢血幹細胞移植を行った場合のドナーのリスクと、患者のリスク・再発の可能性について教えてください。

  • 対象者
    60代前半(男性)
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    急性骨髄性白血病
  • 治療期間
    1年未満
Icon keyword血液・腫瘍内科Icon keyword血液・リンパIcon keyword急性骨髄性白血病
メディカルノート医療相談の特徴

  • Consultation feature 01
    専門医を中心に医療従事者がチームで対応
    経験豊富な専門医を中心に、医師や看護師などの医療従事者がチームで対応しています。
  • Consultation feature 02
    医学的根拠に基づいた信頼できる回答
    信頼性の高い医療情報をもとに、お客様一人ひとりのご相談内容に合わせた回答を提供しています。
  • Consultation feature 03
    希少疾患や難病などのご相談も可能
    よくある症状や病気だけでなく、希少疾患や難病なども含め、幅広いご相談に回答しています。
類似の医療相談
解決済み

Female consulter resolved

相談者:20代前半女性からのご相談
2018.03.31

対象者:20代前半女性

白血病の骨髄移植について

白血病の骨髄移植について

Female medical team

骨髄移植以外の急性骨髄性白血病の治療として、一般的に化学療法、分子誘導療法、分子標的...


解決済み

Male consulter resolved

相談者:20代後半男性からのご相談
2017.10.02

対象者:10代後半男性

急性骨髄性白血病の造血幹細胞移植について

急性骨髄性白血病の造血幹細胞移植について

Male medical team

骨髄バンクのドナー登録可能な年齢は、18~54歳とされていますが、血縁者間移植ではこ...


回答あり

Female consulter unanswered

相談者:50代前半女性からのご相談
2017.11.25

対象者:50代前半女性

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の再発について

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の再発について

Male medical team

細胞診とPET検査を既にお受けになられているとの事ですね。