Male consulter unanswered

40代後半男性からのご相談

造血幹細胞移植実施後の治療プロセスについて

私は現在、急性骨髄性白血病で治療中の患者(40代)です。
昨年2月に発症し、寛解導入で寛解となり、地固め療法(~8月)を実施。

しかしながら、今年1月に再発してしまい、6度目の抗がん剤治療を終えたところです。昨年5月時点で、遺伝子変異等のデータから予後中間リスクの診断があり、造血幹細胞移植の話しが浮上したのですが、昨年5月時点では寛解を維持していたこともあり移植を見送る主治医所見となった経緯があります。
今回、改めての治療方針として造血幹細胞移植を提示され、これには納得しています。

自身のHLA型検査を経て、骨髄バンクのデータでは6抗原合致が約1700人、血縁者(50代の兄)とは半合致、であることが現在明らかになっていて、6抗原合致のドナーからの移植(ケース1)か、血縁者からのハプロ移植(ケース2)かは、現時点ではまだ決定していません。

移植後1~2年間は合併症への注意が必要であることがカウンセリング・ブック等でざっくり示されていますが、詳細についての記述は見当たりません。そこで、移植後の自身のQoLがどのようなものになるかざっくりイメージしておきたいと思っています。

無論、個人差があることは理解しているのですが、上記ケース1、およびケース2ごとに移植後の患者自身の生活レベル、通院(または入院)の頻度などについて、「良好なケース」と「そうでもないケース」を一般論やこんな患者さんのケースもあった(事実)といった情報を提供いただくことはできないでしょうか?

ご検討のほど宜しくお願い致します。

  • 対象者
    40代後半(男性)
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    急性骨髄性白血病
  • 治療期間
    1年以上
Icon keyword血液・腫瘍内科Icon keyword血液・リンパIcon keywordがん・腫瘍Icon keyword急性骨髄性白血病
メディカルノート医療相談の特徴

  • Consultation feature 01
    専門医を中心に医療従事者がチームで対応
    経験豊富な専門医を中心に、医師や看護師などの医療従事者がチームで対応しています。
  • Consultation feature 02
    医学的根拠に基づいた信頼できる回答
    信頼性の高い医療情報をもとに、お客様一人ひとりのご相談内容に合わせた回答を提供しています。
  • Consultation feature 03
    希少疾患や難病などのご相談も可能
    よくある症状や病気だけでなく、希少疾患や難病なども含め、幅広いご相談に回答しています。
類似の医療相談
回答あり

Male consulter unanswered

相談者:30代前半男性からのご相談
2018.06.28

対象者:60代前半男性

急性骨髄性白血病

急性骨髄性白血病

Male medical team

相談に1つずつお答えさせて頂きます。


解決済み

Female consulter resolved

相談者:20代前半女性からのご相談
2018.03.31

対象者:20代前半女性

白血病の骨髄移植について

白血病の骨髄移植について

Female medical team

骨髄移植以外の急性骨髄性白血病の治療として、一般的に化学療法、分子誘導療法、分子標的...


解決済み

Male consulter resolved

相談者:40代後半男性からのご相談
2018.10.21

対象者:40代後半男性

至急!脊髄腫瘍で受診しましたが、自宅療養で大丈夫ですか?

至急!脊髄腫瘍で受診しましたが、自宅療養で大丈夫ですか?

Male medical team

ご心配かとは思いますが、腫瘍の状態を評価するためにも造影MRI検査は必要とされてい...