Male consulter unanswered

60代後半男性からのご相談

ガン転移先への先進医療について

父が2018年9月初旬に小細胞肺がん(23mm)と間質性肺炎の併発と診断を受けました。主治医の見解では、
がん治療にあたり、手術は困難との結論でしたので、化学療法を選択しました。

今春ごろより、肝臓への転移との診断を受けました。

原発(肺)への先進医療は間質性肺炎への影響が大きいため選択できないと医師から言われておりますが、転移先の肝臓に対して、重粒子線や陽子線などの先進医療、あるいは自費診療を含めたは行えるものでしょうか?

最近のCT結果では、原発の進行は抑えられていますが、肝臓のガン細胞が大きくなっていると診断を受けており、せめて転移先だけでも潰したいと考えています。
素人考えのため、専門家の先生からはノーセンスな発想かもしれませんが、リスク、リターン等お教えいただけますと幸いです。


以上、よろしくお願いいたします。

  • 対象者
    60代後半(男性)
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    間質性肺炎
  • 治療期間
    1年未満
Icon keyword内科(その他)Icon keyword肝臓Icon keywordがん・腫瘍

会員登録(無料)でできること


Read

多様な相談の回答を閲覧可能

気になった病気は登録し、後からまとめて確認できます。

App banner
類似の医療相談
解決済み

参考になった:0人

Female consulter resolved

相談者:30代前半女性からのご相談
2018.07.11

対象者:30代前半女性

限局性結節性過形成(FNH)または肝細胞線種と低用量ピルについて

限局性結節性過形成(FNH)または肝細胞線種と低用量ピルについて

Male medical team

ご指摘の通り、限局性結節性過形成や肝細胞腺腫などは肝臓の良性腫瘍とされています。 画...


解決済み

参考になった:0人

Female consulter resolved

相談者:30代前半女性からのご相談
2019.05.22

対象者:60代後半男性

膵神経内分泌腫瘍 肝転移

膵神経内分泌腫瘍 肝転移

Female medical team

膵神経内分泌腫瘍の悪性度は、細胞増殖に関連するKi-67指数や核分裂像の比率などを...


回答あり

参考になった:0人

Male consulter unanswered

相談者:20代後半男性からのご相談
2017.10.21

対象者:70代前半男性

重粒子線治療のセカンドオピニオン

重粒子線治療のセカンドオピニオン

Male medical team

前立腺がんの治療には、手術、放射線、薬物療法(ホルモン療法、化学療法)、待機療法など...


関連する医療記事

類似の医療記事はありません。