Male consulter unanswered

20代後半男性からのご相談

ギランバレー症候群発症の可能性

1週間前に腹痛に襲われ、次の日に病院に行きました。
腹痛から5日後に、カンピロバクター感染症と診断されました。
原因がわかったものの、初診した以来ずっと整腸剤、ミヤBM錠を服用して経過をみています。

お医者さんに、ギランバレー症候群になるケースがあるから注意してて。
と言われました。
ギランバレー症候群を調べると、感染症に感染してから1-3週間で発症するケースが多いとありました。
もし、今のうちにできる事があれば行いたいんですが、何かできることはないでしょうか。

例えば、末梢神経にいいとされるビタミンB12をとってみたり、健全な状態の握力等の筋力を測っておいたり、、何かした方がいいことはありますでしょうか。
反対に、これはしない方がいいと言ったことはありますでしょうか。

  • 対象者
    20代後半(女性)
  • 月経周期
    順(妊娠の可能性がない)
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    カンピロバクター感染症
  • 治療期間
    1週間未満
メディカルノート医療相談の特徴

  • Consultation feature 01
    専門医を中心に医療従事者がチームで対応
    経験豊富な専門医を中心に、医師や看護師などの医療従事者がチームで対応しています。
  • Consultation feature 02
    医学的根拠に基づいた信頼できる回答
    信頼性の高い医療情報をもとに、お客様一人ひとりのご相談内容に合わせた回答を提供しています。
  • Consultation feature 03
    希少疾患や難病などのご相談も可能
    よくある症状や病気だけでなく、希少疾患や難病なども含め、幅広いご相談に回答しています。
類似の医療相談
解決済み

Female consulter resolved

相談者:30代後半女性からのご相談
2019.06.10

対象者:30代後半女性

男性のクラミジア感染から発症までの期間について

男性のクラミジア感染から発症までの期間について

Female medical team

実際に無症状の方が死ぬまで無症状であるのかなど、この度いただきましたご相談内容の事...


回答あり

Female consulter unanswered

相談者:20代後半女性からのご相談
2020.02.02

対象者:20代後半女性

HPV感染中での性行為

HPV感染中での性行為

Female medical team

男性も女性も、常時HPVが持続しているとは限りません。


回答あり

Female consulter unanswered

相談者:30代前半女性からのご相談
2018.08.01

対象者:60代後半女性

B型肝炎抗体保有の場合のリウマチ治療でのステロイド剤使用リスクについて

B型肝炎抗体保有の場合のリウマチ治療でのステロイド剤使用リスクについて

Male medical team

B型肝炎ウイルスに感染すると、多くの方は肝炎の症状を起こさずにウイルスは体内から排除...