Male consulter unanswered

20代前半男性からのご相談

自閉症スペクトラム(アスペルガーの疑いは伝えるべきか)

子どもが軽度のアスペルガーではないかと思っています。子どもに伝えていません。学校や家庭で大きく困ったことはありませんが、小さなイライラをたくさん溜めているように思えます。(特に家庭内) 『発達障害かもしれないから』というわけではなく、単純に個性・苦手な部分として向き合った方がいいと思って親として日々試行錯誤しています。リビングの私物を片付ける事など共同の場でやって欲しい事がマイペース過ぎたり、ありがとう・ごめんなさいを伝える場面の価値観が一般と違い少し独特でなかなか言えないなどがそう思う原因ですが、話していると学力が高い息子の方が理屈が一枚も二枚も上手でこちらもイライラしてしまいます。本人も自分がイライラしてしまう性格に悩んだり、自分に障害があるから親は怒るのか?と怒りをぶつけて来たりします。本人に『発達障害(アスペルガー)かもしれないよ』と伝えた方が良いのでしょうか?伝えないまま、徐々に自分がそうではないか?と疑い、仮に診断された時に『親は分かってくれてなかった』と理解者が居ないショックを受けるのではないか?と懸念する一方、こちらから伝えた時に『自分の事を障害者だと決め、区別している』とショックを受けるのではないか?という正反対の懸念をしています。軽度のアスペルガーかもと言っているのも私の自己判断です。学習障害であってもなくても、親は理解者であってあげたいと思うので、本人にとって一番良い方法で対応してあげたいのですが、疑いを伝えるべきでしょうか?(また、少しでも疑っているなら受診するべきでしょうか?)それとも大きく困ったことがなければ、これまで通り時に言い合ったり、少し距離を置いたりして付き合っていく方が良いでしょうか?(必要な情報か分かりませんが、私自身も何か発達障害的な部分があるのではないかと思う時があります)

  • 対象者
    20代前半(男性)
  • 診断ステータス
    診断を受けた事は無い
Icon keyword精神科(心療内科)Icon keywordこころ・精神Icon keyword自閉症Icon keywordアスペルガー症候群
メディカルノート医療相談の特徴

  • Consultation feature 01
    専門医を中心に医療従事者がチームで対応
    経験豊富な専門医を中心に、医師や看護師などの医療従事者がチームで対応しています。
  • Consultation feature 02
    医学的根拠に基づいた信頼できる回答
    信頼性の高い医療情報をもとに、お客様一人ひとりのご相談内容に合わせた回答を提供しています。
  • Consultation feature 03
    希少疾患や難病などのご相談も可能
    よくある症状や病気だけでなく、希少疾患や難病なども含め、幅広いご相談に回答しています。
類似の医療相談
解決済み

Female consulter resolved

相談者:20代前半女性からのご相談
2019.05.23

対象者:20代前半女性

毎日死にたくなります

毎日死にたくなります

Male medical team

発達障害を疑われているとのことであり、ご負担がかかったときの辛さが増してしまうことが...


回答あり

Male consulter unanswered

相談者:50代後半男性からのご相談
2019.06.06

対象者:50代後半男性

アスペルガー症候群のコントロール方法

アスペルガー症候群のコントロール方法

Male medical team

発達障害の有無、その程度の確認のためにも精神科での相談を検討ください。 発達障害と似...


回答あり

Female consulter unanswered

相談者:20代後半女性からのご相談
2018.12.03

対象者:20代後半女性

発達障害の可能性

発達障害の可能性

Male medical team

発達障害には、注意欠如・多動性障害(ADHD)や自閉症スペクトラムなどのタイプがある...