Male consulter unanswered

30代前半男性からのご相談

化学療法中の急性腎不全における透析療法の保険適用外について

卵巣癌肉腫ステージⅳとして診断を受け、手術後抗がん剤治療を受けています。
現在、イリノテカン単剤療法を行っていましつが、腎機能の低下によって現在入院しています。
クレアチニン値が5.6を超え腎不全と診断されましたが、抗がん剤治療中のため透析療法は保険適用外だからできないと言われました。
行なっている治療はカリウムを除いた輸液とラシックスを1日に4回投与して尿を排泄しています。
尿量は1日1000ml程出ていますが、クレアチニン値の上昇が止まりません。
画像診断、尿検査はしていません。
本当に透析が出来ずにこのまま尿毒症で死ぬのを待つだけなのでしょうか。

  • 対象者
    60代後半(女性)
  • 月経周期
    閉経
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    卵巣癌肉腫
  • 治療期間
    1年未満
Icon keyword腎臓・高血圧内科Icon keyword腎臓Icon keywordがん・腫瘍Icon keyword卵巣がんIcon keyword急性腎不全

会員登録(無料)でできること


Read

多様な相談の回答を閲覧可能

気になった病気は登録し、後からまとめて確認できます。

類似の医療相談
解決済み

Male consulter resolved

相談者:20代後半男性からのご相談
2017.09.02

対象者:40代後半男性

急性腎不全は良くなるのでしょうか

急性腎不全は良くなるのでしょうか

Male medical team

ネフローゼ症候群は、一般的にステロイドの治療が行なわれます。 ネフローゼの種類によ...


解決済み

Male consulter resolved

相談者:20代後半男性からのご相談
2018.05.10

対象者:20代後半男性

蛋白尿(尿の泡立ち)が数ヶ月続いている

蛋白尿(尿の泡立ち)が数ヶ月続いている

Male medical team

症状につきまして、ご心配でおられるかと存じます。 高尿酸血症に対して、内服治療開始と...


回答あり

Female consulter unanswered

相談者:30代後半女性からのご相談
2019.03.24

対象者:30代後半女性

クレアチニンが数年前から高い状態が続いています

クレアチニンが数年前から高い状態が続いています

Female medical team

クレアチニンの数値よりも、クレアチニンや体格をもとに計算される、eGFRという数値が...