Male consulter resolved

40代前半男性からのご相談

重度の肺炎によりHCU?に。

1月15日に胸が苦しいと病院に行きましたところ、spo2が60で、即ICUにいれられました。nppvを使用し強い抗生剤をいれましたが、16日になっても肺の状態は悪く、酸素濃度100で、spo2が90前後で、医者に呼ばれ持病の重い肝硬変もあり、抗生剤をいれれば、普通1日でよくなるが、わるくなってるため、もって数日といきなり言われました。家族等あつめてくださいと。。それから意識はあり苦しいというので鎮静を8から10にして、一進一退が続き、23日まできました。調子がいい時は帰りたいとか喉がかわくといいます。本日23日は少しよくなり、酸素濃度75でspo2が90前後、鎮静剤10にして、麻酔剤1をいれられバイタル安定して眠っています。麻酔剤は暴れるため使用していますが、、今日先生に再度ききましたが、肺は若干よくなってるが、相変わらず白く、重い肝硬変もあり、手足はむくんできているし、やはり急変もあるし、体力勝負ですといわれました。。かわらず退院はできないみたいなことを言われました。この病院はでかいですが、人工肺などの機械はありません。
質問ですが、
このような状態の患者は助からないのが自然でしょうか?先生いわく運ばれた時点でかなり悪く数日の命が、いま9日もってるほうがラッキーみたいに言われ、1か月はないといわれまして、あとは鎮静をあげて楽に見送るのが自然の流れと。。。やたら消極的な先生でして、、、、
本人もまさか胸が苦しくきたら、いきなり死ぬのか?と驚いているとおもいますが、、、

やはり医学的に見込みはないものでしょうか?
よろしくお願いします。

  • 対象者
    70代前半(男性)
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    肺炎
  • 治療期間
    1週間未満
Icon keyword呼吸器内科Icon keyword全身Icon keyword全身の症状(その他)Icon keyword肺炎

会員登録(無料)でできること


Read

多様な相談の回答を閲覧可能

気になった病気は登録し、後からまとめて確認できます。

類似の医療相談
回答あり

Male consulter unanswered

相談者:50代後半男性からのご相談
2018.07.07

対象者:50代後半男性

全身の倦怠感

全身の倦怠感

Male medical team

炎症の原因となる病気は感染症や免疫疾患、腫瘍、精神疾患など非常に多岐にわたります。 ...


解決済み

Female consulter resolved

相談者:50代後半女性からのご相談
2018.09.16

対象者:80代前半女性

肺炎の熱が下がらない。

肺炎の熱が下がらない。

Male medical team

抗生剤はその種類によって効果が表れるまでに要する日数が異なり、一般的には使用から3日...


回答あり

Male consulter unanswered

相談者:30代後半男性からのご相談
2018.08.27

対象者:30代後半男性

空咳が二週間くらい止まらない

空咳が二週間くらい止まらない

Male medical team

頂いた症状からは、咳喘息、肺炎(マイコプラズマ、百日咳など)、結核などの可能性が考え...