Male consulter resolved

50代前半男性からのご相談

初期の胃がんの手術後のリスクと対策

昨年10月82歳の父親が初期の胃がん手術を行い、高齢なのもあり腹腔鏡手術を行いました。その後ICUから、個室に移りましたが、胃に血がたまり血圧が下がり、緊急開腹手術をおこないました。その1日半後に心臓停止となり命はとりとめたものの思い後遺症が残りいまも寝たきりでいます?術後の経過観察に問題なかったのか、家族は不審に思っています。手術にリスクはつきものだとは思いますが、経過観察時にどんな対応が必要だったのでしょうか。

  • 対象者
    80代前半(男性)
  • 診断ステータス
    治療中
  • 診断された病名
    胃がん
  • 治療期間
    1年未満
Icon keyword消化器外科Icon keywordIcon keywordがん・腫瘍Icon keyword胃がん

会員登録(無料)でできること


Read

多様な相談の回答を閲覧可能

気になった病気は登録し、後からまとめて確認できます。

類似の医療相談
解決済み

Male consulter resolved

相談者:70代前半男性からのご相談
2019.10.06

対象者:70代前半男性

抗がん剤治療に腫瘍内科医は必須か

抗がん剤治療に腫瘍内科医は必須か

Female medical team

がんに対する積極的治療には、手術、放射線治療、および、薬物療法があり、それぞれ、「外...


解決済み

Male consulter resolved

相談者:40代前半男性からのご相談
2017.06.12

対象者:40代前半男性

胃ガンの手術方法について

胃ガンの手術方法について

Male medical team

ステージⅠAですと、胃の粘膜下層にとどまっていて、リンパ節に転移もない状態をいいます...


解決済み

Male consulter resolved

相談者:20代後半男性からのご相談
2017.08.01

対象者:70代後半男性

転移性肝がんの治療について

転移性肝がんの治療について

Male medical team

胃がんから肝臓に転移した場合、手術以外では抗がん剤による治療があります。 以前、抗が...